読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚に羽根が

翼のある魚の絵

はしごたんの電子書籍『照準を持たない暴力性の発動』を読みました

はてなブロガーのはしごたんさんが電子書籍を発売されました。
kuroihikari.hatenablog.com

はしごたんはブログ歴11年、知る人ぞ知る有名なブロガーさんです。ブログでの一人称は俺ですが、女性です。

私ははしごたんが電子書籍を出される計画を知ってから、発売をとても楽しみにしていました。
無事出版されて、読むことができて、とてもうれしいです。
感謝の気持ちと応援の気持ちをこめて、ご紹介させていただきます。


まずこの本には、はしごたんが幼いころに、従兄から繰り返し受けた性的虐待について書かれています。
その被害が、精神と肉体と人生を傷つけ、今なお影を落としていること。そしてはしごたんの中にある暴力衝動について。

正直読むだけでも、とても辛いです。
私にはちゃんとした感想は書けそうにない…

ただ、幸せや安全は絶対的なものではなく、いとも簡単に壊されたり、一生残る深い傷がつくこと。
日常に潜む危険や憎悪や無理解。
被害者側ばかりが傷つき、何故か責められること。
そしてこれはフィクションではなく、実際にあった出来事だということ。

しかし読みやすい文章と、美しく、酷く痛むような突き刺さる表現とで、本としての完成度はとても高いです。
はしごたんの文章の素晴らしさは、目次からも感じとれます。
表紙もはしごたんご自身が撮影されたもので、素敵な雰囲気がありますね。


精神的に辛い方や、何らかのトラウマがある方などには正直おすすめできる本ではないです。

最近はてなブログを始めたばかりで、はしごたんについて知らない方は、まずはしごたんのブログを読んでみてください。
虐待についてや、尖ったことだけでなく、日常の出来事などをときにユーモアもまじえて、書かれています。
ここしばらくは電子書籍の執筆で、はしごたんのブログの更新があまりありませんでしたが、今後も応援しています。

感想としてあまりうまく書けなくて、はしごたんに申し訳ないです。
また何度も読み返したいと思います。

f:id:RIKORIKO:20160224224332j:plain

電子書籍の購入方法についてぽてっくすさんの記事です。
potex.hateblo.jp