読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚に羽根が

翼のある魚の絵

絵の練習 2

前回の記事と同じく絵の練習です。
上の画像から最近描いた絵で、下にいくほど下手になっています。
今回も画質が悪いです。
またしてもダメ出しと解説をつけながら載せていきます。


機械に繋がれた人
f:id:RIKORIKO:20160316155822j:plain
最初は機械化された仏像風にするつもりだったのに、途中でブレました。
悩んだ末、腹部は培養槽?風にしましたがわかりにくいです。
記事の最後に下書きから作成過程も載せています。


蝙蝠少女
f:id:RIKORIKO:20160316160350j:plain
最初は紙を横描きにして、段ボールの棺に入っている少女を描くつもりでしたが、ブレました。
棺を描く予定だったためところどころに花があります(ペン入れしちゃってた…)。
左右の足の長さや、腰のあたりがなんか変です。
蝙蝠にするつもりではなかったので、手がなんか雑ですね。もっと蝙蝠っぽい手にしたかったです。


倒れている女性
f:id:RIKORIKO:20160316161157j:plain
あんまり気に入ってないので未完成です。


祈る少女
f:id:RIKORIKO:20160316161810j:plain
目をもう少し狂った感じにしたかったです。
手の角度がおかしいと夫に何度も言われて、イラッとした思い出(# ゜Д゜)確かに変だけども。ちなみに夫は別に絵は描けません。
背後のカーテンの気合いが足りない。


虫ヘルメット
f:id:RIKORIKO:20160316162729j:plain
虫の造形がやる気なさ過ぎ、リアルな虫にすればよかったです。
リボンがおかしい、服のしわもイマイチ。


前回から2週間もたっていないですが、それなりに上達したように思えます。
構図も工夫しようとした姿勢が伺えますね。
背景も真っ白にならないように意識したので、もう少し頑張ります!


以下は需要がないかもですが、下書きからの様子
f:id:RIKORIKO:20160316163514j:plain
f:id:RIKORIKO:20160316163743j:plain
f:id:RIKORIKO:20160316163810j:plain
f:id:RIKORIKO:20160316163847j:plain
完成は一番上の画像です。
下書きの適当さがわかりますね…

絵の練習とその成果?

実は2月はあまりブログを更新せずに、時間を見つけて絵の練習をしていました。
せっかくなのでコメント&ダメ出しをつけながら紹介してみます!
最近描いたものから載せていきますので、下にいくほど下手になっております…(@_@;)


まず呪いの人形っぽいものをもった女の子。
f:id:RIKORIKO:20160301233725j:plain
眼窩に指がめり込んでいます。いつもちゃんとした構図を決めずに描くので、バランスをとるために背後のクマは後で描き足しました。
クマがすごいガンつけてます。
服のシワがイマイチです…


手早く描けた天使のコスプレ
f:id:RIKORIKO:20160301233904j:plain
羽根を描こうと思ったのですが、紙のバランスが悪かったので止めときました。
羽根はもげたか、服の中に隠している設定にしました。


枝に座っている女の子。
f:id:RIKORIKO:20160301233809j:plain
リュウグウノツカイ(深海魚)のぬいぐるみをもっているということ以外に何も考えずに描きはじめました。
背後のオウムは後で描き足したので、枝のどこにとまっているのかよくわからんことになっています…
女の子の足とかよく見るとおかしいです。


前回の記事に載せたはしごたんの絵。
f:id:RIKORIKO:20160226145617j:plain
はしごたんの子供時をイメージして顔を描いたのですが、コメントにてはしごたんご本人からそっくりだと言っていただきました!うれしい!
はしごたんの電子書籍を読んでから一気に描いたので、絵に粗い部分があります。また描き直してみたい。


しゃがんでいる女の子。
f:id:RIKORIKO:20160226145745j:plain
足が変です。


梟のお面をつけた女の子。
f:id:RIKORIKO:20160226145827j:plain
ストールで羽根を隠している設定。
画像がピンボケ。


ウサギの頭をもった女の子。
f:id:RIKORIKO:20160301231306j:plain
女の子の頭の大きさや足の長さなどのバランスがおかしいです。


画材はuni のゲルインクボールペンと、100均の画用紙(A4サイズ20枚入り)を半分に切ったものです。
髪の毛をもっと艶やかに描きたい…

他にも描いた絵はあるのですが、あまり多いのもアレなので、載せられそうなものだけ載せました。
スマホ撮影で画質が悪いのが気になりますが…

人体デッサンとかしたことがないので、体や服のシワとかを想像で描くのはちょっと厳しいです。
今後はファッション誌でも買って参考にしてみます(^-^)
背景を描く練習もしたいですね。

はしごたんの電子書籍『照準を持たない暴力性の発動』を読みました

はてなブロガーのはしごたんさんが電子書籍を発売されました。
kuroihikari.hatenablog.com

はしごたんはブログ歴11年、知る人ぞ知る有名なブロガーさんです。ブログでの一人称は俺ですが、女性です。

私ははしごたんが電子書籍を出される計画を知ってから、発売をとても楽しみにしていました。
無事出版されて、読むことができて、とてもうれしいです。
感謝の気持ちと応援の気持ちをこめて、ご紹介させていただきます。


まずこの本には、はしごたんが幼いころに、従兄から繰り返し受けた性的虐待について書かれています。
その被害が、精神と肉体と人生を傷つけ、今なお影を落としていること。そしてはしごたんの中にある暴力衝動について。

正直読むだけでも、とても辛いです。
私にはちゃんとした感想は書けそうにない…

ただ、幸せや安全は絶対的なものではなく、いとも簡単に壊されたり、一生残る深い傷がつくこと。
日常に潜む危険や憎悪や無理解。
被害者側ばかりが傷つき、何故か責められること。
そしてこれはフィクションではなく、実際にあった出来事だということ。

しかし読みやすい文章と、美しく、酷く痛むような突き刺さる表現とで、本としての完成度はとても高いです。
はしごたんの文章の素晴らしさは、目次からも感じとれます。
表紙もはしごたんご自身が撮影されたもので、素敵な雰囲気がありますね。


精神的に辛い方や、何らかのトラウマがある方などには正直おすすめできる本ではないです。

最近はてなブログを始めたばかりで、はしごたんについて知らない方は、まずはしごたんのブログを読んでみてください。
虐待についてや、尖ったことだけでなく、日常の出来事などをときにユーモアもまじえて、書かれています。
ここしばらくは電子書籍の執筆で、はしごたんのブログの更新があまりありませんでしたが、今後も応援しています。

感想としてあまりうまく書けなくて、はしごたんに申し訳ないです。
また何度も読み返したいと思います。

f:id:RIKORIKO:20160224224332j:plain

電子書籍の購入方法についてぽてっくすさんの記事です。
potex.hateblo.jp

セルフカウンセリング的ブログセラピー

前回の虐待についての記事に、スターやブコメやコメントをいただけて、とてもうれしかったです!
前回の
rikoriko.hatenablog.com
なのでちょっと補足のようなことを…

もともと子供の頃から自己流セルフカウンセリング(?)として、妄想の中で誰かに自分の話を聞いてもらうというということをずっと続けていました。
親からは家庭内のことは、誰にも言わないようにと約束させられていたので、親戚にすら言えません。
でも誰かにわかってもらいたい、という気持ちで編み出したのが、脳内カウンセリングもどきでした。

脳内でクラスメートとか、先生、親戚に、父の暴力、祖母の発狂、姉とのこととかの出来事を話し、
ひっでぇ…とかきっつーみたいなリアクションをしてもらう(妄想です)。
特にアドバイスや、ヒーローみたいに助けてもらうということはなく、うんうんと聞いてもらうだけなんですが(妄想)、これは結構有効だったんじゃないかと思います。
できるだけ物事を言語化することで、映像記憶を薄れさせ、物語の中の出来事のように処理するというか…

もともとこのブログのコンセプトはセルフカウンセリングで、自分の過去の嫌だったことを書く、あと実家の家族をネタにして溜飲を下げるというものでした。
しかしブログに書くことで、今までは脳内だけでしか話せなかったことが、実際にこの世界にいる誰かに読んでもらえているというだけで癒しになります。
暖かい言葉をかけてもらえたり、同じような経験のある方々と交流できたりするのもありがたいことです。


あと実はこのブログを始めるときに勝手に参考にさせていただいたのは、ハゲックスさんのブログの2ちゃんねるまとめなんです。
hagex.hatenadiary.jp
2ちゃんねるまとめサイトをよく見ていた時期があったのですが、ハゲックスさんのまとめは余分な書き込みが省かれていてすごく好きでした(webのカテゴリも好き)。
黒いショートショートみたいな感じに書きたくて、私の最初のほうの記事はすごく意識していたのです。
家族間のことだけでなく、ご近所も割りと変わった人がいるので、家庭板(生活系?)的ネタは色々あるんですよね(^_^;)
例1)母が姉(第一子)を妊娠したとき近所のおばさんに、「これで(嫁ぎ先から)逃げられんようになったな」と言われた、
例2)入浴中に窓の外から話しかけてくるオッサンがいる、などなど…

もともとそういう暗い話題を書く目的で始めたブログなので、暗い話は苦手な方や、過去の辛いことを思い出してしまう方などが、間違って読んでしまうと申し訳ないです…
なので今後も暗い話題のときは文頭に一言書きますので、苦手な方はお気をつけください(>_<)
最初のコンセプトは家庭板まとめが好きなタイプの人向けに書いていたので、おもしろがってもらえるのもうれしいです(。・ω・。)

ちなみに暗い記事であっても、私の精神状態とはあまり関係ないです(^-^)
子育てをちゃんとできているか心配な方もおられるかもしれませんが、たぶん大丈夫です(人並み?(@_@;)かな) 実は平和な子育てブログもサブでやっていますが、なんか恥ずかしいのでリンク貼りません…
f:id:RIKORIKO:20160208214101j:plain
ノミの散歩

絵のことだけを別ブログに分けようかとも考えていますが、今のところ未定です(>_<)
今後も暗い話題のときはお気をつけください!

虐待について母が言ってたこと

今回の記事は暗い陰鬱なものですので、ご注意ください。



この前、母が虐待のニュースについて、
「あんな小さな子に酷いことをするなんて人間じゃない、そいつの親の顔が見たい」
などと罵倒するので

「うちのお父さんはお姉ちゃんが4歳とか5歳のときから、竹馬に乗れないとか自転車に乗れないって理由で殴ったり突き飛ばしたりしていたよね」
と言ってみました。
母は
「あの人は…」
と言いかけて口ごもり、私も変な空気になるのが嫌でそれ以上何も言いませんでした。
死んでもいいと思って殴るのと、死なれては困ると思いながら傷や痣(証拠)が残らないように殴るのとではずいぶんと違いはあるでしょうが、小さな子供に酷いことをするのは同じです。
母は今でも父を庇う。


姉は一番の被害者でした。
姉が殴られたり怒鳴られながら、竹馬や自転車の練習をさせられていたのを、次は自分の番だと思いながら私は恐れていました。
運がいいことに私は3歳頃から度々入院するレベルの喘息になり、運動ができないことは許されました。
母は私の方ばかりかわいがり、姉を庇うことはまずありませんでした。竹馬のときも母はただ見ていました。
祖母は自分の息子である父と祖母自身のみを愛し、嫁と孫をむしろ憎んでいました。
祖父は早くに他界しました。

学力もイマイチで全体的に要領の悪い姉の扱いは、なにかと酷いものでした。
私と姉は遊んだりケンカもしたり、姉は私の喘息を心配してくれたり、幼いころは仲がよかったと思います。
しかし中学に上がって姉は精神が壊れ、拒食症になり、家で大声を出して暴れるようになりました。
基本的に姉の暴力は母に向かいましたが、姉がほしいのは母の愛のように見えました。母はそれに気付いていませんでした。
父はときどき帰ってきてガリガリに痩せ細った姉を殴るだけでした。

姉は自身の食事を極限まで削り、代わりに私には大量に食べることを要求しました。私の献立も姉が考え、野菜のない、脂っこいものをつくり、私が食べきれなかったり、吐いたりすると怒り狂いました。
姉は中学に行かず、何時間もウォーキングをしていました。田舎なのでものすごく目立ちます。
人々は私に
「お姉ちゃんすっごい痩せてるね!」
と話かけてきます。その裏に、姉は痩せてるのに妹はデブだよね(笑)という空気を感じていました。それこそが姉の狙いだったのでしょう。
思春期女子にはかなりキツいですが、姉の犠牲の上に今までの私の安定があるように思えて、姉に負い目があったため、どうしようもなく姉の言う通りにしていました。
醜い自分を隠すために当時の私は異常な猫背になりました。
母が悲しむので、私まで不登校になるわけにはいきませんでした。私は中学の修学旅行の班決めで一人余るぐらいのポジションでした。

姉が壊れたころ、まだ小学生だった私の前で、自殺に見せかけて姉を殺そうと家族会議をしていたことを父も母も覚えているのでしょうか。
f:id:RIKORIKO:20160202121556j:plain
人肉パフェ

ちょっと虐待の話から逸れますが…
可愛がられて我が儘に育った従姉が入籍したあと、挙式の前に不倫がバレて、慰謝料を取られたという話のときに
「大事に育てても親不孝するもんだね。うちは真逆だよね」(この発言もなんかアレですが…)
と母に言うと
「そうだね。キ○ガイの婆さんに育てられたのに、お父さんはずっと一緒に暮らしてるもんね」
と母が答えるので、どこからつっこんでいいのかと絶句しました。

3代続いた製麺所を好き放題して廃業させた父が親孝行なんだ。
祖父の遺産をほぼ全てパチンコに注ぎ込んだ父が親孝行なんだ。
気に入らないと祖母の鳩尾に蹴りを入れたり、足払いをかけて転ばしてから掌底で肋骨を殴りまくっていた父が親孝行なんだ。
発狂した祖母(もともと祖母は躁鬱病)がうるさいので黙らせようと、殴ったり蹴ったり踏んだりしても黙らないので茶碗で殴って流血させた父が親孝行なんだ。
精神病院に入院した祖母が高齢のため弱ってきたので、父の面会を希望しているのに、精神病院は気持ち悪いから行きたくないと一度も見舞いにいかない父が親孝行なんだ。
まじかよ…

今まで反抗期すらなく、成績もそこそこよく、度々絵で表彰され、授業態度もいいと先生から褒められ、問題も起こさず、高校の奨学金も自分で返済し、かわいい孫を産み、母の誕生月に石窯ピザのランチを奢る娘は親孝行にカウントされないようです。


この世から虐待はきっとなくならないし、外傷の残らない虐待はおびただしい量になるでしょう。
身の回りで虐待が起こっていないか、それぞれの人が気を付けて通報するしかないのでしょうね…
私自身は殴られていないので虐待とは違うかもしれませんが
母の血でべちょべちょになった雑巾を見ても、お巡りさんは家族間の問題ですからって言ってましたけどね。親子喧嘩だと思ったのでしょう…


ちなみに姉は結婚していますが、絶対に子供を産まないと言っています。
私はできるだけ外部の目が入るように子育てすることを意識しています。子供はかわいいので普通に酷いことしたくないですが。


暗い内容ですが、特に今の精神状態が悪いということはありませんので、ご心配なされませんよう(>_<)

子供時代を乗り切ったセルフカウンセリング記事

rikoriko.hatenablog.com
rikoriko.hatenablog.com

絵のこととノロウイルスのこと

前回前々回と絵に関する記事を書いて、色々な反応をいただけてとてもうれしかったです。

コメント欄にもドラマがあって、初めて絵も売れました!
人間関係で買ってもらったようなものですが、とてもうれしいです。マキさんもとい明恵さんありがとうございます!(´;ω;`)!
無事に届いてこちらの記事に書いてくださっています!
stargazer-myoue.hatenablog.com

原画を身近な人以外に見せる機会がほぼないので、このようなご感想がとても貴重なんですよね(>_<)うれしい!
とてもいいことを書いてくださっているので、うるうるします!ちょっと泣きそう…


しかし先週は初めての絵の梱包にドキドキし、今週から絵をもっと頑張ろうと思った矢先にノロウイルスに罹患しました…
加熱不十分な牡蠣が原因なので、自業自得です。皆様もお気をつけください…
激しい症状は半日もなく収まったのですが(このとき3㎏痩せた)、翌日は38度台の発熱、その後も液体しか摂取できない日が続いていました。
栄養不足なのか身体を起こすとめまいがするので、ずっと横になってだらだら過ごしてしまいました。
ブログを読んだりブコメを書いたりするくらいは元気でしたけど…
ノロウイルス怖いです(>_<)子供にはうつらなくてよかったです。
皆様も予防してくださいね。


ノロウイルスの感染前は、前回の記事にいただいた励ましのお言葉がうれしくて、今後の絵のことを自分なりにちょっと考えていました。

子供が小さいこともあり絵はたくさん描けそうにないこと、アートメーター経由で原画を売るのは結構大変(手数料、送料、パソコン必須)なこともあり、自作ポストカードを作ってみようかと計画中です。
creemaとかおもしろそう…
http://www.creema.jp/exhibits/list/gid/152
原画じゃなくていいので、マニアックな路線で絵を描きためて試してみようと思っています。深海魚とか昆虫とか…
結局実現できない可能性もありますが…


もともとこのブログは実家家族とのいざこざを中心に書いていたので、最近はハートフルな流れになっていて申し訳ないです(?)

また陰鬱な話も書きますが、絵も頑張ります(。・ω・。)ゞ

絵やイラストの値段って? ※記事修正しました

前回の美大に関する記事を書きまして
rikoriko.hatenablog.com

そういえば絵やイラストの値段はどのように決まっているのかと疑問に感じました。
私自身が趣味で描いているので、ついお金のことも気になってしまいます。
当然私は絵が売れたことはないですが(>_<)!

原画を売るということだけでなく、どのように趣味がいかせるのか、ちょっと考えてみました。
素人考えでいろいろ書いてますので、ツッコミとか言及とかをいただけるとうれしいです


こちら
matton.hatenablog.jp

まっとんさんは絵やグッズ、LINEスタンプも販売されています。
それだけでなくYouTubeで絵の制作課程を動画配信もされていて、こういう方法でも絵をいかせるんだとびっくり。
そういえばお絵描き動画って結構ありますよね(^-^)
どんどん絵ができていくさまがおもしろいので、下書きなしで描く絵が向いてそう。


原画を売るだけでなく、ポストカードサイズに印刷して手描きサインをつける(そして安価にする)とか、
現在ブロガーさんの間で流行りの電子書籍のイラスト(絵)がメインになっているバージョンを作成するとか色々工夫ができますよね。


今流行りのLINEスタンプはたくさんのブロガーさんが販売されていますし、絵を画廊で売るだけの時代じゃないんですね!


あえて原画販売についても考えてみます。
絵の値段の付け方でググると、描いた本人が自分で納得のいく値段をつけるべきという答えが一般的なようです(@_@;)

私の素人の感覚では値段の付け方として
作品そのもの+制作時間+梱包や発送などにかかる手間
で考えてしまいます。

作品そのものの値段とは、まず単純に材料費。
画用紙にボールペンと、キャンパスに油絵では全然値段が違いますし、画材にこだわると高額になります。
逆にチラシの裏に描くこともできます。

そして一番重要な描いた人の知名度。画家に限らずとも、有名人が描いた落書きでも高値がつくでしょうし、同じ絵でも後に値段が上がることもありますよね(ゴッホとか)。
値段はほぼこれ(誰が描いたか)で決まっているように思います。

制作時間は15分で描ける絵もあれば、何ヵ月、何年と時間がかかる絵もありますし、
作品が手渡しでないなら、梱包や発送の手間もかかりますよね。


自分を例にしてみると、時給を800円として絵を描くのに4時間かかったとすると3,200円。
画用紙とボールペン代を100円として(サイズはA4ぐらい)、送料1,000円で考えると、すっごくざっくりですが4,300円…
はっきり言って絶対売れません!
そもそも原画を買うということ自体、一般的ではないですし、購入する人は自分の部屋にマッチした絵を選ぶでしょうから、需要がほとんどないです。
f:id:RIKORIKO:20151216220946j:plain
このくじらの絵は知り合いの方に差し上げました。

ちなみにアートメーターという誰でも登録できる絵の販売サイトがあるのですが、そこでは絵の面積で値段を決めます。
http://www.art-meter.com/
最初は1㎝×1㎝の基本単価が5円なので、自分の絵の面積に5円をかけて値段が決まります。販売実績に応じて自分で単価をあげていくこともできます。
そして絵の値段の45%が手数料としてアートメーターに入り、画家報酬は55%です。
実は私も一年ほど前に何枚か登録してます…が売れてません!


私が読者登録しているブロガーさんで、LINEスタンプを販売されている方も多いですし、今はネットを通じて絵やイラストをいかせる機会がたくさんあっていいですね。
その分競争も激しいでしょうが(>_<)


私にも何かできないかなーと思っていろいろ書いてみました。
陰鬱な話は今回はお休みします(。・ω・。)


追記
この記事にリンクを貼っていた方、リンク削除いたしました。
ご不快にさせてしまってすみませんでした。
私はブロガーさんとの距離感を勘違いしてしまったようです…
今後は言及前に許可をとるようにいたします。

※今さらですが、まっとんさんのことじゃないです(>_<)!すみません…

さらに追記
言及を不快に思われて、得るものはなにもないなどと書かれていた方も、そちらの記事を修正されているようです。
すみませんでした(>_<)